ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここから本文です。

雨水浸透施設助成等制度

下水道局

※ 23区内で、雨水浸透施設設置の助成等の制度が行っている区の一覧です。
なお、ここには基本的な条件のみを表記しています。
一定の条件のもとで交付されますので、詳しくは事前に各区役所にお問い合わせください。

平成28年4月20日現在

区名 助成対象 対象地区 助成条件 助成限度額
浸透ます 浸透トレンチ 付帯工事 その他 ※ 共通条件
・地滑り、がけ崩れのおそれのある場所は禁止
・土壌汚染のおそれのある場所は禁止
※ 共通条件
・施工前の申請であること。
・施工者が東京都指定排水設備事業者であること。
港区
街づくり支援部
土木課
土木計画係

電話:
3578-2111(代表)
3578-2219(直通)
浸透ます 浸透トレンチ 付帯工事 - 区内全域
  1. 個人が所有する住宅等
    ただし、敷地面積500m2以上の新築に設置する場合は除く
  2. 一般的な雨水ますから浸透ますに取替える場合
区が定めた標準工事費単価から算出した額(上限40万円)
品川区
防災まちづくり部
河川下水道課
水辺の係

電話:
3777-1111(代表)
5742-6794(直通)
浸透ます 浸透トレンチ 付帯工事 - 区内全域
ただし地下水位の高い区域を除く
国、地方公共団体、公社、公団その他これらに準ずるものが所管する建築物、「品川区中高層建築物等の建設に関する開発環境指導要綱」(昭和63年1月29日制定)に該当する建築物は対象外 工事費助成単価により算出した額と当該工事に要した額のいずれか小さい額、及び消費税(上限40万円)
目黒区
都市整備部
都市整備課
開発係

電話:
3715-1111(代表)
5722-9715(直通)
浸透ます 浸透トレンチ 付帯工事 雨水タンク 区内全域
  1. 敷地面積500m2以上の新築住宅を除く個人所有の住宅等
  2. 各宅地における雨水流出抑制能力が、新築では1時間当たり10mm以上とし、新築以外では設置可能な範囲内の能力とする。
  3. 設置施設の構造が「東京都雨水貯留・浸透施設技術指針」に定めたもの、または準拠したもの(同等以上の単位貯留浸透量)
定められた単価で算出した額と当該工事に要した額のいずれか小さい額(上限40万円、雨水タンクについては5万6千円)
大田区
まちづくり推進部
建築調整課
地域道路整備担当

電話:
5744-1111(代表)
5744-1308(直通)
浸透ます 浸透トレンチ - 雨水貯留槽
|別制度|
埋立地以外の区内全域(埋立地とは、平和島、平和の森公園、東海、城南島、京浜島、羽田空港、大森ふるさと浜辺公園)
  1. 大田区開発指導要綱の適用を受ける建築物は対象外
  2. 地下水位が地表面より1m以内にある区域は対象外
定められた標準工事費による(上限40万円)
世田谷区
土木部
土木計画課
河川・雨水対策担当

電話:
5432-1111(代表)
5432-2365(直通)
浸透ます 浸透トレンチ 付帯工事 雨水タンク 区内全域
  1. 設置したい箇所に、施設の規格により十分な四方のスペースがあること。
  2. 地下水位(地表面から地下水面までの深さ)が1m以上あること。
  3. 売買等を目的とした建築物に設置する不動産業者、建設業者ではないこと。
助成要綱に定める標準工事費単価に設置数量を乗じて得た額又は見積額のいずれか低い額に0.8を乗じた額
湧水保全重点地区又は豪雨対策モデル地区において設置した浸透施設にあっては1.0
(一般地区上限40万円、湧水保全重点地区・豪雨対策モデル地区上限50万円)
杉並区
都市整備部
土木計画課
計画調整係

電話:
3312-2111(代表)
3423(内線)
浸透ます 浸透トレンチ - - 区内全域
  1. 敷地面積1000m2未満
  2. 個人所有の住宅等(法人所有の建物は対象外)
定められた単価で算出した額(上限40万円)
北区
土木部
道路公園課
公園河川係

電話:
3908-1111(代表)
3908-9275(直通)
浸透ます 浸透トレンチ 付帯工事 - 区内全域 敷地面積500m2未満の個人が所有する住宅及び、その他区長が特に必要と認めた住宅等 定められた単価で算出した額(上限40万円)
練馬区
土木部
計画課
総合治水係

電話:
3993-1111(代表)
5984-2074(直通)
浸透ます 浸透トレンチ 付帯工事 雨水タンク 区内全域
  1. 敷地面積が500m2未満
  2. 敷地の所有権または借地権を有する者(法人所有の建物は対象外)
  3. 申請者が区税を滞納していないこと
    ※ 雨水タンクについては浸透施設を設置するか、浸透施設の設置が困難な場合、助成対象
雨水浸透施設、付帯施設工事は上限40万円そのうち、付帯施設工事は10万円以内 雨水タンクは消費税を含んだ本体価格の2分の1で、上限2万5千円

本文ここまでです。

ページ
トップへ

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。