ページの先頭です

ここから本文です。

下水道技術研究開発センター リニューアルのお知らせ

お知らせ 令和元年06月21日 下水道局

 令和元年5月、下水道技術研究開発センターがリニューアルオープンしました。下水道局では、今後も当センターを活用して、局が抱える課題を解決していきます。

東京都下水道局の技術開発

 東京都下水道局は、下水道事業が直面する課題を解決し、都民のみなさまの快適な生活を支えるため、技術開発に取り組んできました。民間主導で新技術を取り入れるだけでなく、局職員が主体的に研究に取り組んできた歴史があり、大正15年には、三河島汚水処分場にて実験に取り組んだ記録が残っています。

 その後は、芝浦水再生センター(港区)や砂町水再生センター(江東区)に実験専用のヤードを開設して研究を実施した時期を経て、平成20年以降は、砂町水再生センターに開設した下水道技術研究開発センターが研究の拠点となっています。

 令和元年5月、下水道技術研究開発センターがリニューアルオープンしました。下水道局では、今後も当センターを活用して、局が抱える課題を解決していきます。

下水道技術研究開発センターとは

 下水道技術研究開発センターは、実際の現場では実施が困難な、水処理に関する実験や検証が実施できる施設です。センターには、一般では入手できない汚水等の配管があり、大量かつフレッシュな材料を用いた実験が可能です。

 下水道技術研究開発センターは、下水道局との共同研究・調査委託などで、民間企業や大学の方も使用することができます。

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくためには「Adobe Acrobat Reader」が必要です。
Adobe Systemsのサイトから無料でダウンロードできますのでご利用ください。

お問い合わせ先

活用・見学を希望される方は、東京都下水道局計画調整部技術開発課企画調整担当(03-5320-6606)まで、ご連絡ください。

本文ここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。