ページの先頭です

ここから本文です。

「下水道のインフラ見学ツアー」の実施について

プレスリリース 平成30年11月22日 下水道局

東京都下水道局では、お客さまに下水道事業への理解を深めていただけるよう、下水道の役割や課題、魅力を積極的に発信していく「見せる化」に取り組んでいます。
このたび、「見せる化」の取組の一環として「下水道のインフラ見学ツアー」を実施します。普段はご案内していない下水道施設や工事現場の見学をはじめ、施設の大きさなどを体感し、楽しみながらその存在や魅力、意義について理解を深めていただける3種類のツアーを用意しました。
みなさまからのたくさんのご応募、お待ちしています。

概要

  1. 東京都下水道局などのインフラ施設を巡る3種類のツアーを、以下のとおり実施します。
  2. いずれのコースも昼食付きで、旅行代金はお一人様2,000円です。

  3. コース1,2は貸切バス、コース3は東京さくらトラム(都電荒川線)を利用します。
  4. 詳しいツアーの内容や申込方法は、別添のチラシをご覧ください。

コース1 おとなの探検!「世界に誇る東京下水道の技術力をめぐる旅」~普段は見ることのできない下水道施設を歩いてみよう~

多摩川の下を横断する「北多摩二号・浅川水再生センター間連絡管」を歩き、日常生活や都市生活によって汚れた水をきれいにする役割を担う「浅川水再生センター」をご覧いただいたのち、浸水被害の軽減を目的に新しい下水道管の整備が進む「第二田柄川幹線その2工事」の現場を巡ります。
普段は、ご案内していない多摩川をはさんで向かい合う二つの水再生センター間を結ぶ連絡管や関係者以外立ち入ることができない工事現場の見学を特別に実施するプランです。

募集人員

各回20名(計40名)

実施日時

平成30年12月14日(金曜日)、平成31年1月25日(金曜日)各回9時~16時30分頃

コース概要

(集合)立川駅→北多摩二号・浅川水再生センター間連絡管→浅川水再生センター→【昼食】→「第二田柄川幹線その2工事」現場→(解散)池袋駅・新宿駅

写真:北多摩二号・浅川水再生センター間連絡管

北多摩二号・浅川水再生センター間連絡管

写真:浅川水再生センターターボ型流動焼却炉

浅川水再生センターターボ型流動焼却炉

写真:第二田柄川幹線その2工事tour3.jpg

第二田柄川幹線その2工事

コース2 みんなで学ぼう、楽しもう「東京下水道 入門編」~東京都下水道局のマンホールカード3枚GET!~

大正ロマンを残す国指定重要文化財「旧三河島汚水処分場喞筒(ポンプ)場施設」、下水道管内で下水が実際に流れている様子をご覧になれる「蔵前水の館」、下水道の役割や水環境の大切さを楽しみながら学べる体験型施設「東京都虹の下水道館」などを巡ります。あわせて、東京都下水道局がそれぞれの施設で配布している3種類のマンホールカードを差し上げます。
公共交通機関の利用では、一日でまわりにくい当局の広報施設を特別に貸切バスでつなぐプランです。

募集人員

各回20名(計40名)

実施日時

平成31年1月10日(木曜日)、平成31年1月16日(水曜日)各回9時15分~17時15分頃

コース概要

(集合)上野駅→旧三河島汚水処分場喞筒(ポンプ)場施設→【昼食】→蔵前水の館→東京都虹の下水道館→(解散)品川駅・東京駅・上野駅

旧三河島汚水処分場喞筒(ポンプ)場施設マンホールカード

旧三河島汚水処分場喞筒(ポンプ)場施設

蔵前水の館マンホールカード

蔵前水の館

東京都虹の下水道館マンホールカード

東京都虹の下水道館

コース3 歴史を体感!「都電でめぐる れきし散策」~都民の生活を支えた下水道施設と都電車両~

都電に揺られながら、大正ロマンを残す国指定重要文化財「旧三河島汚水処分場喞筒(ポンプ)場施設」、貴重な都電の旧型車両が展示されている東京都交通局所管の「都電おもいで広場」、そして東京十社の一つで東京の北方守護として鎮座する「王子神社」などを巡ります。
東京さくらトラム(都電荒川線)沿線の歴史的な建造物等に触れることにより、ゆったりとした歴史の流れを感じることのできるプランです。

募集人員

各回20名(計40名)

実施日時

平成30年12月19日(水曜日)、平成31年1月12日(土曜日)各回9時45分~16時頃

コース概要

(集合)町屋駅→旧三河島汚水処分場喞筒(ポンプ)場施設→【昼食】→都電おもいで広場→お札と切手の博物館→王子神社(現地解散)

写真:旧三河島汚水処分場喞筒(ポンプ)場施設

旧三河島汚水処分場喞筒(ポンプ)場施設

写真:都電おもいで広場

都電おもいで広場(東京都交通局提供)

お問い合わせ先

総務部広報サービス課
03-5320-6515

本文ここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。