ページの先頭です

ここから本文です。

「東京下水道 見せる化アクションプラン2018」を策定しました

プレスリリース 平成30年03月29日 下水道局

「見える化」から「見せる化」へ

下水道施設の多くは地下にあって“見えにくい”ことから、下水道局では見学会などを通じて、「見える化」に取り組んできましたが、下水道の普及が進んだ今、多くのお客さまにとって下水道は“あって当たり前”のものとなっており、下水道事業に関心を持っているお客さまの割合は低くなっています。その結果、お客さまの理解が得られずに、必要な下水道工事などを計画的に進められないこともあります。
こうしたことから、円滑な事業推進が可能となるよう、これまでの「見える化」から一歩進め、東京下水道の役割や課題、魅力をお客さまに積極的に発信していく「見せる化」を進めることとし、その指針となる「東京下水道 見せる化マスタープラン」を平成29(2017)年4月に策定しています。そしてこのたび、このマスタープランの基本的な方向性に基づき、取組を具体的に進めていくため、「東京下水道 見せる化アクションプラン2018」を策定しました。

アクションプランの概要

計画期間

平成30(2018)年度~平成32(2020)年度(3年間)

プランの考え方

「誰に、何を、どのように」などの視点で、どう見せるかを世代や関心・認知度に応じて取組を体系化し、戦略的かつ効果的に取組を展開

  • 「大人」、「子供」、「若者」のターゲットごとに、伝える内容や伝え方を具体化(3つのアクション)
    • 3つのアクションを踏まえ、ハード・ソフトの両面から見せる化の多様な取組を展開
  • 取組を通じて、「認知度向上」、「理解度向上」、「イメージアップ」(3つのチャレンジ)を達成し、お客さま満足度の向上を目指す。

見せる化アクションプラン3つのアクション、3つのチャレンジ

「見せる化」の取組例

開く

施設:親しみやすく見学しやすい施設にします

見学施設の子供向け重点的整備

    • 下水がきれいになるまでのプロセスを、体感しながらストーリー仕立てで理解できるよう、見学コースを再整備します。

miseruka_action01.png

水再生センター内を旅するストーリー演出(イメージ)

見学施設の若者・大人向け重点的整備

  • 従来の施設見学にARなどのデジタル技術を組み合わせ、見えにくい施設などを可視化することで、お客さまに下水道をより深く理解していただけるよう、見学コースを再整備します。


※ARとはAugmented Realityの略称で、現実の環境に情報を付与する"拡張現実"と呼ばれる技術

miseruka_action02.png

ARによりCGや動画で情報を表示

見学施設の標準的整備

  • 水再生センターなどの下水道施設を、誰でも見学しやすいよう、教育、ユニバーサルデザイン、多言語対応などの観点から、施設の状況に応じて、見学ルートを順次再整備していきます。

伝える

工事:下水道施設整備の目的とその効果をお知らせします

大規模事業の情報発信

  • お客さまに下水道工事の必要性について理解を深めていただけるよう、大規模事業の概要や特徴などの情報をホームページでよりわかりやすく発信していきます。

miseruka_action03.png

豪雨からまちを守る工事の取組

教育:次世代を担う子供たちに下水道の大切さを教えます

下水道マイスターの育成(下水道教育事業の充実)

  • 子供たちに、下水道を正しく理解し、未来の水環境について主体的に考え行動する「下水道マイスター」となっていただけるよう、小学4年生を中心に下水道教育事業を充実させていきます。

miseruka_action04.png

でまえ授業

魅せる

未来:東京下水道の優れた技術や取組を世界に向けて発信します

東京2020大会の開催機運の醸成に貢献 / 国際水協会(IWA)世界会議・展示会を契機とした東京下水道の情報発信

  • 東京2020大会に向け、東京の水環境改善や安全安心な大会の開催に下水道が寄与していることなどを国内外に広く発信し、開催機運醸成に貢献していきます。
  • IWA世界会議・展示会において、東京下水道の優れた技術や取組を国内外へ広く発信します。

miseruka_action05.png

IWAアジア太平洋地域会議(マレーシア)

出会い:「下水道で遊ぼう!楽しもう!」をテーマに下水道に触れるきっかけをつくります

VRで下水道施設を疑似体験

  • 神田下水など、地下にあって見る機会の少ない下水道施設について、見学を疑似体験できるよう、VR技術で新たに映像化します。インターネットやイベントなどで手軽に楽しく体験できるようにし、下水道施設をより身近に感じていただけるようにします。

※VRとはVirtual Realityの略称で、まるでそこにあるかのような環境を人工的につくり出す"仮想現実"と呼ばれる技術
※神田下水とは、明治17(1884)年に初めて日本人の手により計画・設計・敷設された我が国初の近代下水道。レンガ造りで、現在も現役で稼働中

miseruka_action06.png

神田下水

「東京下水道 見せる化アクションプラン2018」は、こちらから閲覧できます。

なお、必要に応じて、対象をファイルへ保存後閲覧願います。

東京下水道 見せる化アクションプラン2018

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくためには「Adobe Acrobat Reader」が必要です。
Adobe Systemsのサイトから無料でダウンロードできますのでご利用ください。

お問い合わせ先

総務部広報サービス課
03-5320-6515

本文ここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。