ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここから本文です。

ミャンマー国ヤンゴン市における下水道設備改善計画調査について

お知らせ 平成28年09月23日 下水道局

東京都下水道局と都の監理団体である東京都下水道サービス株式会社(以下「TGS」という。)は、東京下水道として、適切な役割分担のもと、海外諸都市などのニーズに即した取組を一体的に実施しています。
このたび、経済産業省の「平成28年度質の高いエネルギーインフラシステム海外展開促進事業」において、TGSと民間企業が共同提案した「ミャンマー国ヤンゴン市下水道設備改善計画」が採択され、以下のとおり調査を実施することになりましたのでお知らせします。

1.ヤンゴン市の概況

  1. 面積
    約794平方キロメートル
  2. 人口
    約514万人
  3. 下水道普及率
    約5%

2.業務の概要

  1. 件名
    ミャンマー国ヤンゴン市下水道設備改善計画
  2. 対象地区
    ヤンゴン市中心市街地
  3. 期間
    平成28年9月~平成29年2月
  4. 実施体制
    住友商事株式会社(幹事法人)、TGS、日本工営株式会社
  5. 調査概要
    対象地区における管路施設や下水処理場の効率的・効果的な整備計画の検討や提案など

3.業務の体制

提案者である住友商事株式会社(幹事法人)、TGS、日本工営株式会社が発注者である経済産業省に共同提案を行い契約をしているイメージ図

体制のイメージ図

本文ここまでです。

ページ
トップへ

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。