ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここから本文です。

多摩川上流水再生センター

多摩川上流水再生センターの写真

多摩川上流水再生センターの処理区域図

多摩川上流水再生センターの処理区域は、青梅市・昭島市・福生市・羽村市・瑞穂町の大部分と立川市・武蔵村山市・奥多摩町の一部で、計画処理面積は9,349ヘクタールです。
処理した水は多摩川に放流するとともに、一部をろ過してセンター内の機械の洗浄・冷却やトイレ用水などに使用しています。また、昔の清流の姿を取り戻すため、砂ろ過とオゾン処理を行って、野火止用水、玉川上水、千川上水に送水しています。

運転開始 昭和53年5月
敷地面積 151,417平方メートル
処理能力 293,700立方メートル/日
水処理施設沈砂池 6池
第一沈殿池 6池
反応槽 8槽
第二沈殿池 8池
汚泥処理施設濃縮槽 2槽
遠心濃縮機 2台
ベルト濃縮機 1台
遠心型脱水機 3台
ベルトプレス型脱水機 3台
焼却炉 3基

(平成29年4月現在)

流入・放流水質

水再生センターからの放流水は、「都民の健康と安全を確保する環境に関する条例」の水質基準を十分に満たし、魚がすめる水質です。

単位:mg/L

項目流入水放流水清流復活用水条例による放流
水の水質基準
BOD 160 5 3 25以下
COD 100 8 7
全窒素 27 7.8 7.7 30以下
全りん 3.6 0.8 0.5 3以下

平成27年度 24時間試験平均値

※ BOD、CODは、数値が高いほど水が汚れていることを示します。BODは、微生物が有機物を分解するのに使う酸素量、CODは酸化剤で有機物を分解して消費する酸素量で測ります。放流水の水質基準は、河川はBOD、海域はCODにより定められています。全窒素、全りんは、赤潮の発生などと深くかかわっています。

下水道のしくみ

下水道は、主に下水道管、ポンプ所、水再生センターの3つの施設でできています。下水を集めて流す下水道管。下水道管が深くなりすぎないように途中で下水をくみ上げるポンプ所。下水を処理してきれいな水によみがえらせる水再生センター。どの施設も正しく働くように日々点検、清掃、補修などを行っています。

下水道の役割

快適な生活環境を確保します

家庭や工場からの汚れた水を処理して、快適な生活環境を確保します。

浸水から街を守ります

道路や宅地に降った雨を速やかに排除して、浸水から街を守ります。

地球環境を守ります

下水を処理し、きれいにした水を放流することで、川や海の水質を大切に守っていきます。また処理した水や汚泥等のリサイクル、未利用エネルギーの活用など、循環型都市づくりを進めます。

施設平面図

多摩川上流水再生センター施設平面図

多摩川上流水再生センターの特色

清流復活事業

センターから多摩川に放流する処理水の一部を更に砂ろ過処理、オゾン処理することにより脱臭・脱色・殺菌し、野火止用水、玉川上水、千川上水の3水路に送水して清流用水として活用しています。復活した清流は憩いの場となっています。

清流復活事業概要図

太陽光(ソーラー)発電

地球温暖化対策として、発電時にCO2を発生させない太陽光発電設備を設置し、センターが使用する電力の一部を補っています。

太陽光(ソーラー)発電の写真
太陽光(ソーラー)発電

ナトリウム・硫黄(NaS)電池

電気料金の安い夜間にNaS電池に充電し、この電力を昼間に利用することで、電力料金を削減しています。また、電力需要のピーク抑制による電力不足などへ対応します。

ナトリウム・硫黄(NaS)電池の写真
NaS電池

高度処理施設(A2O法)

今までの下水処理では取り除きにくい窒素やりんが原因で、東京湾では依然として富栄養化による赤潮が発生しています。このため、平成13年度から一部施設でA2O法(嫌気-無酸素-好気法)という高度処理を行って、より多くの窒素やりんを除去しています。

高度処理施設(A2O法)イメージ

嫌気槽

下水と活性汚泥を、空気を吹き込まずに混ぜ合わせます。活性汚泥中の微生物は酸素がないので、体内に貯えたエネルギー物質を分解して呼吸をします。その際、りんを水中に放出します。

無酸素槽

嫌気槽から出てきた水に、好気槽から水を戻します。微生物は窒素に結び付いている酸素を奪って呼吸します。酸素をとられた窒素はガスとなって放出されます。

好気槽

空気を十分に吹き込むことで、有機物は微生物により分解され、窒素は酸素と結びつきます。また、嫌気槽で放出された以上のりんが微生物に吸収されます。

多摩川上流・八王子水再生センター間連絡管

多摩川上流水再生センターと八王子水再生センターは、多摩川の地下深くを横断するトンネルによって結ばれています。
このトンネルの内部には、汚水管や送泥管などが配管され、水再生センター間で相互に送水、送泥ができるようになっています。
このように、2つの水再生センターが補完しあうことで、施設の効率的運営が図られるとともに、災害時のバックアップ機能も確保されます。

概要

連絡管の長さ 約570メートル
連絡管の太さ 内径3.5メートル
供用開始 平成18年4月

縦断図

連絡管縦断図

ミニ水族館「多摩川ふれあい水族館」

多摩川ふれあい水族館の写真

4つの水槽で多摩川に生息している魚などを展示しています。平成元年のオープン以来、地域の皆さまに親しまれています。

開館時間/9時から16時

入館無料

休館日/土・日・祭日・年末年始

案内図

多摩川蒸溜水再生センターへの案内図

所在地 〒196-0024 東京都昭島市宮沢町3-15-1 
電話:042-545-4120 地図ソフトで表示
交通 JR「立川」駅北口からバス停10番の「拝島駅」、「拝島営業所」、「昭島駅南口」行きにて20分
「宮沢」下車徒歩5分
JR青梅線「中神」駅から徒歩25分
目標:白い展望台

ダイエットレシピ

東京都虹の下水道館

東京都虹の下水道館のロゴ
下水道の役割や水環境の大切さを、楽しみながら学べる体験型施設です。

  • 開館時間/9:30~16:30(入館は16:00まで)
  • 入館無料
  • 休館日/月曜日(月曜日が休日の場合は開館し、その翌日休館)、年末年始 夏休み期間は無休
  • 所在地/江東区有明2-3-5 有明水再生センター(有明スポーツセンター側5F)
  • 電話番号 03-5564-2458
  • ホームページ 虹の下水道館

下水道局ホームページ

東京アメッシュ

都内とその周辺地域で降っている雨をレーダーと地上雨量計で観測し、リアルタイムに表示するシステムです。
※ 東京アメッシュは東京都の登録商標です。

東京アメッシュ画面イメージ

バーチャル下水道

ふだん見えない下水道施設を、アニメーションやビデオ映像を使ってリアルに、おもしろく紹介しています。
バーチャル下水道へゴー


下水道局との関係をにおわす悪質業者にご注意を!

下水道局では、宅地内排水設備の修理や清掃などを業者に依頼することはありません。

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくためには「Adobe Acrobat Reader」が必要です。
Adobe Systemsのサイトから無料でダウンロードできますのでご利用ください。

本文ここまでです。

ページ
トップへ

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。