ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここから本文です。

森ヶ崎水再生センター

森ヶ崎水再生センターの写真

森ヶ崎水再生センターの処理区域

森ヶ崎水再生センターは、東西二つの施設からなっており、わが国最大の水再生センターです。処理区域は、大田区の全域、品川・目黒・世田谷区の大部分、渋谷・杉並区の一部で、面積は14,675ヘクタールです。これは区部全体の面積の約4分の1にあたります。また、多摩地域の野川処理区等の下水も受け入れています。
処理した水は東京湾に放流しています。また、その一部を砂ろ過してセンター内で機械の洗浄・冷却やトイレ用水に使用するほか、大田清掃工場、品川清掃工場にも供給しています。
発生した汚泥は、芝浦水再生センターから送られてきた汚泥とともに、南部スラッジプラントに圧送し処理しています。

運転開始 昭和41年4月(雨水排除)
昭和42年4月(水処理)
敷地面積 415,309平方メートル
処理能力 1,540,000立方メートル/日
汚泥処理施設濃縮機 4台
濃縮槽 3槽
消化槽 4槽
洗浄槽 1槽
雨水貯留池 26,000立方メートル
雨天時貯留池 92,000立方メートル
水処理施設西施設沈砂池 28池
第一沈殿池 12池
反応槽 12槽
第二沈殿池 24池
東施設第一沈殿池 18池
反応槽 11槽
第二沈殿池 20池

(平成29年4月現在)

流入・放流水質

水再生センターからの放流水は、「都民の健康と安全を確保する環境に関する条例」の水質基準を十分に満たし、魚がすめる水質です。

単位:mg/L

項目流入水放流水条例による放流
水の水質基準
大森幹線大田幹線西系東系
BOD 120 120 3 6
COD 72 73 7 8 35以下
全窒素 28.7 26.0 12.0 12.2 30以下
全りん 3.0 2.9 0.8 1.7 3以下

平成27年度 24時間試験平均値

※ BOD、CODは、数値が高いほど水が汚れていることを示します。BODは、微生物が有機物を分解するのに使う酸素量、CODは酸化剤で有機物を分解して消費する酸素量で測ります。放流水の水質基準は、河川はBOD、海域はCODにより定められています。全窒素、全りんは、赤潮の発生などと深くかかわっています。

下水道のしくみ

下水道は、主に下水道管、ポンプ所、水再生センターの3つの施設でできています。下水を集めて流す下水道管。下水道管が深くなりすぎないように途中で下水をくみ上げるポンプ所。下水を処理してきれいな水によみがえらせる水再生センター。どの施設も正しく働くように日々点検、清掃、補修などを行っています。

下水道の役割

快適な生活環境を確保します

家庭や工場からの汚れた水を処理して、快適な生活環境を確保します。

浸水から街を守ります

道路や宅地に降った雨を速やかに排除して、浸水から街を守ります。

地球環境を守ります

下水を処理し、きれいにした水を放流することで、川や海の水質を大切に守っていきます。また処理した水や汚泥等のリサイクル、未利用エネルギーの活用など、循環型都市づくりを進めます。

施設平面図

森ヶ崎水再生センター施設平面図

森ヶ崎水再生センターの特色

メタンガスを利用した発電事業
~国内の下水道事業で初めてPFIを導入~

水処理工程で発生した汚泥を汚泥消化槽で温める※1と、汚泥中の有機分がガス化(メタンガス)して、汚泥量を減量することができます。
このバイオマスエネルギー※2であるメタンガスを、発電設備の燃料として活用し、年間2,280万キロワット時の発電を行っています。(バイオマス発電)
発電設備の設置及び運営については、下水道事業としては国内初となるPFI※3を導入しました。事業効果として施設の建設費や維持管理費の節減が図れます。なお、バイオマス発電によるクリーンなエネルギーとしての環境価値については、グリーン電力証書システムを通じて第三者に譲渡しています。

事業開始 平成16年4月

※1 汚泥を温める温水は、発電設備からの温水と、南部スラッジプラントからの廃熱温水があります。
※2 生き物がつくる再生可能なエネルギー
※3 PFI(Private Finance Initiative) PFIとは公共事業に民間の資金、技術力、経営能力を取り入れる手法です。森ヶ崎水再生センターでは、PFIにより民間のノウハウを活用し、低廉な電力を確保しています。

バイオマスによる常用発電のイメージ

ガスエンジン発電機の写真
ガスエンジン発電機

電気料金の安い夜間にNaS電池充電し、この電力を昼間に利用することで、電力料金を削減しています。また、電力需要のピーク抑制による電力不足などへ対応します。

ナトリウム硫黄電池設備の写真
NaS電池設備

小水力発電

小水力発電イメージ

処理水の放流きょは、高潮などにそなえて海面より数メートル高い位置に設置されています。この放流落差を利用した水力発電機を3基設置し、年間約80万キロワット時(一般家庭の約230世帯分に相当)の発電を行っています。水力発電は太陽光発電や風力発電と比べて安定して発電できます。しかも、地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しないクリーンなエネルギーです。
なお、クリーンなエネルギーとしての環境価値については、グリーン電力証書システムを通じて第三者に譲渡しています。

運転開始 平成17年6月

太陽光発電

太陽光発電

センター東施設では、周辺に高い建物が無いため、反応槽の臭気・転落防止用の覆蓋上部に太陽電池モジュール250W×4,480枚を設置し、最大出力1MW、年間発電電力量約115万kWh(一般家庭の約330世帯分に相当)の発電が可能です。

運転開始 平成28年4月

水力発電や太陽光発電は地球温暖化の原因となる二酸化炭素等の温室効果ガスを排出しないクリーンなエネルギーです。

これらの発電で年間約950tの二酸化炭素を削減し、環境負荷軽減に貢献しています。

案内図

森ケ崎水再生センターへの案内図

所在地 〒143-0013 西:東京都大田区大森南5-2-25(事務所)地図ソフトで表示
〒143-0004 東:東京都大田区昭和島2-5-1
電話:03-3744-5981
交通 JR「大森」駅または「蒲田」駅から京急バス「森ヶ崎」行き終点
東・西施設間の車両通行不可

東京都虹の下水道館

東京都虹の下水道館のロゴ
下水道の役割や水環境の大切さを、楽しみながら学べる体験型施設です。

  • 開館時間/9:30~16:30(入館は16:00まで)
  • 入館無料
  • 休館日/月曜日(月曜日が休日の場合は開館し、その翌日休館)、年末年始 夏休み期間は無休
  • 所在地/江東区有明2-3-5 有明水再生センター(有明スポーツセンター側5F)
  • 電話番号 03-5564-2458
  • ホームページ 虹の下水道館

下水道局ホームページ

東京アメッシュ

都内とその周辺地域で降っている雨をレーダーと地上雨量計で観測し、リアルタイムに表示するシステムです。
※ 東京アメッシュは東京都の登録商標です。

東京アメッシュ画面イメージ

バーチャル下水道

ふだん見えない下水道施設を、アニメーションやビデオ映像を使ってリアルに、おもしろく紹介しています。
バーチャル下水道へゴー


下水道局との関係をにおわす悪質業者にご注意を!

下水道局では、宅地内排水設備の修理や清掃などを業者に依頼することはありません。

水再生センター見学受付窓口

土曜、日曜、祝祭日、年末年始を除いて、水再生センターの施設を見学することができます。ご予約・お問い合わせは見学受付窓口までお願いいたします。

電話番号 03-3241-0944
受付時間 9:00~17:00(平日のみ)

本文ここまでです。

ページ
トップへ

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。