ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここから本文です。

正しい使い方

一人ひとりが守る、私たちの下水道

下水道の「正しい使い方」

消化に悪いものを食べると、おなかをこわしますよね?下水道も一緒です。下水道管に流されては困るものがあります。もし、下水道がおなかをこわしたら?その時は大変。暮らしの中から流れ出た汚水が処理されずに川や海に流れ出てしまうのですから・・・。
だからはじめましょう「下水道」をじょうずに使った暮らし。私たちの豊かな生活環境のために、地球の未来のために。

オイルボールのイメージ。大きさは空き缶の約3倍。

オイルボール

油のつまった3本の宅地内配水管の中の様子

油のつまった宅地内配水管

油・断・快適!~下水道に油を流さないで!~

排水口に油を流すと下水道管の中で固まって「つまり」や「悪臭」の原因になります。また、東京都区部の約8割で採用されている合流式下水道では、大雨の際、大量の雨水と一緒に汚水の一部や下水道管中にたまった油やごみが押し流され、川や海を汚染してしまいます。

使い終わった油の処理は、新聞紙などを使って吸収させ、燃えるゴミとして出す。油を固める製品を使用し、燃えるゴミとして出す。食器についた油汚れは、ちり紙などで拭き取った後洗いましょう。

ディスポーザは使わないで!

ディスポーザとは、台所の生ゴミを細かく砕いて、直接下水道に流す設備です。ディスポーザを使用すると、「排水管のつまり」「悪臭」の原因となり、さらには川や海を汚すことにもつながります。
※ なお、生ゴミを処理槽で処理するディスポーザについては、下水道などへの影響が少なくなるため、下水道局が認めたものに限り、使用することができます。使用する際には、下水道局へご相談ください。

ディスポーザを使うことで異臭や詰まりなどキッチンの水道管が大変なことになってしまった女性のイメージ

気をつけてください!家庭内の排水管のトラブル

排水管の中には、材質により「熱湯」を"二ガテ"とするものもあります。もし、その排水管に長時間熱湯を流し続けた場合、管にダメージを与えてしまう恐れがありますので注意してください。
また、トイレやお風呂掃除の際に使用する洗浄剤も要注意。注意事項を無視して使用すれば、場合により有毒ガスが発生して、大変キケンです。

お湯を使うことで知らず知らずのうちに水道管にダメージを与えてしまっていることに気づかない男性のイメージ

道路のすみの「ます」の中にゴミを捨てないで!

道路のすみにある、ますの中に枯葉やタバコなどのゴミを絶対に捨てないでください。本来の役目である雨水の排除に支障をきたすことになります。
また、ガソリンやシンナーなどは下水道管の中で発火するおそれがありますので絶対に流さないでください。

道路のすみの「ます」の中にゴミを捨てたことを女性に注意されている男性の様子

紙おむつや水に溶けにくいティッシュをトイレに流さないで!

紙おむつや水に溶けにくいティッシュ、衛生用品などを水洗トイレに流すのも「×」です。トイレをつまらせるのはもちろん、排水管などをつまらせる大きな原因となります。

子どもがトイレに座りながら、「紙おむつはだめ」と言っているイメージ

本文ここまでです。

ページ
トップへ

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。