ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここから本文です。

下水道探検ブック2

活動1.聞き水をしよう

お酒の良し悪しを調べるために味見をすることを「聞き酒」といいます。ここでは、わたしたちが毎日飲んでいる水について「聞き水」をしてみましょう。味のちがいがわかりますか。

方法

5本の水

  1. 「聞き水」で味見をする水を用意する。
    【例えば】
    1. 市販のミネラルウォーター(1~3種類)
    2. 浄水器を通した水
    3. 直接外の水道管から送水された水道水
    4. 学校などで一度タンクに貯水してから送水された水道水
    5. 3分ほど沸とうさせ完全にさました水道水(カルキ臭を除くため)
  1. ラベルをはがし、よく洗った空のペットボトルを用意する。
    (「聞き水」をする水の数だけ用意する。)
  2. 用意したペットボトルに記号などで印をつけてから、それぞれの水を種類ごとにペットボトル入れていく。
  3. 室温(室内においたままの温度)にするか、冷蔵庫に入れて冷やしておくか決めておき、全部同じ条件でそろえておく。
    (室温の状態や冷蔵庫で何日も置かないこと!)
  4. 一人ひとりがコップと記録表を持って「聞き水」をし、自分が飲んだ水の種類予想と感想を記入する。(味見は少量ずつ。)
  5. 「聞き水」の後に、全員の予想や感想を黒板等にまとめる。

「聞き水」を終わって

  • 「聞き水」の予想は、当りましたか?意外な結果が出ませんでしたか。
  • 最近は「おいしい水」を求めて浄水器を使ったりミネラルウォーターを買ったりする人が多くなっています。
  • 東京都水道局でも「おいしい水」をつくるために「高度浄水処理」という方法で、浄水処理しています。
    (詳しくは、水道局ホームページへ)

聞き水記録表(例)

水の種類味にひとこと
A
B
C
D
E

本文ここまでです。

ページ
トップへ

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。