ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここから本文です。

原生動物のなかまたち

原生動物の種の数は65,000以上が知られていますが、活性汚泥中に出現する種類は約200種といわれています。その中で反応槽でよく出現するのは50種程度です。
原生動物を大きく分けてみると鞭毛虫類、肉質虫類、繊毛虫類があります。

鞭毛虫類

1本または多数の鞭毛を持っており、葉緑体を持つものと持たない種類がいます。
基本的には無性生殖を行い、縦に二分裂します。中には有性生殖するものもいます。

ペラネマの写真

ペラネマ
Peranema
(和名)フトヒゲムシ

エントシホンの写真

エントシホン
Entosiphon

肉質虫類

葉状、糸状、網状の仮足があるものは仮足や原形質の流動により移動したりします。
球状のものはプランクトンのような浮遊生活を送ります。

アメーバの写真

アメーバ
Amoeba

アルケラの写真

アルケラ
Arcella
(和名)ナベカムリ

ケントロピキシスの写真

ケントロピキシス
Centropyxis
(和名)トゲフセツボカムリ

トリネマの写真

トリネマ
Trinema

アクチノフィリスの写真

アクチノフィリス
Actinophrys
(和名)タイヨウチュウ

繊毛虫類

二種類の核(大核と小核)を有し、横に二分裂します。単性単為生殖を行いますが、出芽や複合分裂することもあります。

アキネタの写真

アキネタ
Acineta

キネトキルムの写真

キネトキルム
Cinetochilum

ボルティケラの写真

ボルティケラ
Vorticella
(和名)ツリガネムシ

ゾータムニウムの写真

ゾータムニウム
Zoothamnium
(和名)タチキガタツリガネムシ

カルケシウムの写真

カルケシウム
Carchesium
(和名)エダワカレツリガネムシ

バギニコラの写真

バギニコラ
Vaginicola

スピロストムムの写真

スピロストムム
Spirostomum
(和名)ネジレクチミズケムシ

ステントルの写真

ステントル
Stentor
(和名)ラッパムシ

アスピディスカの写真

アスピディスカ
Aspidisca
(和名)メンガタミズケムシ

本文ここまでです。

ページ
トップへ

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。