東京都下水道局
サイトマップ
English
 
トップ 下水道と暮らし Q&A キッズコーナー 見学案内 事業案内 お仕事の方 技術・統計 刊行物・ビデオ
 トップページキッズコーナー><微生物図鑑>
 
微生物図鑑(びせいぶつずかん)
 
 

 

 トップへもどる
   
 微生物とは
 微生物のはたらき
 微生物のしゅるい
 微生物のおおきさ
   
 微生物図鑑
 細菌のなかまたち
 原生動物のなかまたち
 後生動物のなかまたち
   
     
     
 微生物のしゅるい
 

 微生物の多くは空気中の酸素(さんそ)を利用する細菌類(さいきんるい)であり、少なくとも数十種類がいます。
汚水をきれいにする主役としては、次の細菌類や・原生動物(げんせいどうぶつ)・後生動物(こうせいどうぶつ)の3つの仲間(なかま)がよく知られています。

 
微生物の種類
 
細菌類(さいきんるい)
 

 棒(ぼう)やボールやばね(スプリング)のような形をしたすごく小さな生物です。
 顕微鏡(けんびきょう)の倍率(ばいりつ)を800倍(ばい)とか1000倍に上げないとはっきり見ることができません。
 下水の中に溶け込んでいる食べ物のかすなどの有機物を餌(えさ)として食べて、どんどん増えます。

 
   
原生動物(げんせいどうぶつ)
 

 原生動物とは一個の細胞(さいぼう)でできており、細菌類よりは、少し進化(しんか)した生物です。
 細菌類を餌としています。また、同じ原生動物を餌にしている大型のものもおり、顕微鏡の倍率は100〜400倍ぐらいで形がわかります。
  反応槽でよく見られるのは、鞭毛虫類(べんもうちゅうるい)、肉質虫類(にくしつちゅうるい)、繊毛虫類(せんもうちゅうるい)です。

 
   
後生動物(こうせいどうぶつ)
 

 後生動物はたくさんの細胞が集まってできており、細胞が1つだけしかない原生動物より後から生まれ進化した生物だから、こう呼ばれています。
 大きさは原生動物と同じぐらいのものから大型のものまでいろいろおり、細菌類や原生動物を餌としています。
 反応槽(はんのうそう)では、袋形(たいけい)動物の輪虫類(わむしるい)や環形(かんけい)動物の貧毛類(ひんもうるい)が多くみられます。