ページの先頭です

ここから本文です。

再生水利用の効果

再生水を雑用水として利用される場合、つぎの効果が期待できます。

環境効果

再生水を利用することで、ダム等の水源を温存し渇水時の被害を軽減する効果が期待されます。

経済効果

再生水を1月あたり2,000m3使用した場合、水道料金(口径100mm)と比較し、年間約500万円のコスト削減が可能です。

水道料金との比較グラフ

再生水の料金

再生水の料金は、引込み口径や使用水量に関係なく、1立方メートルあたり260円(税抜き)です。

再生水料金=使用水量(m3)×260(円)+消費税

  • 再生水利用に伴う下水道料金は別途かかります。
  • 再生水の引込みに係る負担金はありません。

【参考】水道料金

メータ口径基本料金従量料金
1~100m3101~200m3201~1,000m31,000m3以上
一般用 メータ口径 30mm 3,435円 213円/m3 298円/m3 372円/m3 404円/m3
一般用 メータ口径 50mm 20,720円 372円/m3 404円/m3
一般用 メータ口径 75mm 45,623円 372円/m3 404円/m3
一般用 メータ口径 100mm 94,568円 404円/m3

注)東京都水道料金1か月分(23区及び多摩地区)東京都水道局(平成17年1月1日適用)

事業者の方へ

東京都では「水の有効利用促進要綱」に基づき、都内で一定規模以上の建築物又は開発事業※1を計画されている事業者の方に、都市の貴重な水資源を有効利用していただくよう、雑用水利用と雨水浸透施設の設置をお願いしています。

再生水供給地区※2では、再生水のご利用をお願いします。

  • 1 対象は、述べ床面積10,000平方メートル以上の建築物、開発面積3,000平方メートル以上の開発事業です。
  • 2 再生水供給地区についてはこちらをクリックしてください。
お問い合わせ先

東京都下水道局経理部業務管理課
再生水担当

〒163-8001
東京都西新宿二丁目8番1号
東京都第二本庁舎27階
電話03-5320-6575

再生水とは

再生水の用途

再生水の供給地区

再生水のあゆみ

要綱等のダウンロード

本文ここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。