ページの先頭です

ここから本文です。

排水設備計画届出書(設計図書等)の審査

設計図書等の審査

下水道局では、排水設備の構造が法令等の技術的な基準に適合しているか設計図書(設計図)を基に審査し、必要に応じて指導等を実施しています。

設計図の記載

・排水設備の構造を設計図に記載してください。

・東京都排水設備要綱に従い作成してください。

(設計図例)

tekiseizu.png

【注意】

排水設備計画(設計図)の記載が一部のみであり、法令等に適合しているか審査ができないと判断した場合、排水設備計画届出書の受理できません。必要となる排水設備計画を全て記載した上で届け出てください。

特に、新設公共ますと宅内最終ますのみの設計図は、排水設備が設置される(検討されている)という根拠にならず、また、審査ができないことから排水設備計画届出書と公共ます設置申請書を受理できません。

(受理できない場合の設計図例)

hubizurei.png

排水設備計画の変更

届け出た内容(設計図だけでなく施工者等の情報を含む)を変更する場合は、速やかに「排水設備計画変更届出書」を提出してください。

【注意】

法令等に不適合な箇所が確認された場合、届出書に記載されている施工者に指導を行います。そのため、施工者である東京都指定排水設備工事事業者に変更が生じた場合も排水設備計画の変更を届け出てください。

本文ここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。