ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここから本文です。

技術開発推進計画2005

平成17年4月14日 下水道局

下水道局では、お客さまである都民や事業者の方に、より一層のサービスを提供するとともに、経済性を考慮した効率的な運営を目指して技術開発を進めています。
このたび、「経営計画2004」や新たな関連計画※1の策定、関係法令の改正など環境の変化に対応していくため、現行計画を見直し、新たに「技術開発推進計画2005」を策定したのでお知らせしま

1.「技術開発推進計画2005」の特徴

  • 技術開発テーマは、「経営計画2004」に示されている4つの体系である「安全性の向上」「快適性の向上」、「地球環境保全への貢献」、「事業の効率化」に区分し、見直しを行いました。(技術開発テーマ数:89テーマ)
  • 各テーマは緊急性、重要性、必要性などを考慮して分類し、当面の開発スケジュールを定めました。特に緊急性の高いテーマについては、今回新たにS分類を設け、重点的に技術開発を推進することとしました。
  • 民間企業の技術力やノウハウを活用していくため、共同研究の事務手続きの簡素化や審査期間の短縮化を図るとともに、民間企業の試験研究段階での共同研究を誘導、促進する方策として、「簡易提供型共同研究」※2を新たに提示しました
  • 局内の有用な技術情報を技術ライブラリーに登録して技術の共有化を図り、実用化した技術で重要性の高いものについては事後評価を実施するなど、開発技術の実用化を促進するための具体的な運用方法について明記しました。
  • 技術開発の方向性について職員をはじめ、お客さまにも理解を深めていただくために、本文は箇条書きで簡潔に表現し、カラーの写真や図などを用いてビジュアル化を図りました。

※1 新たな関連計画

※2 簡易提供型共同研究

民間企業の試験研究段階の技術について、下水道局の下水及び下水汚泥等の実験材料や用地等を提供し、研究費用は民間企業の負担で行う共同研究です。

2.「技術開発推進計画2005」の概要

3.「技術開発推進計画2005」

必要に応じて、対象ファイルを保存後、閲覧してください。

  1. 技術開発推進計画の基本的な考え方
    1. 理念・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1
    2. 目的・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1
    3. 策定の方針・・・・・・・・・・・・・・・・・1
    4. 推進計画の体系・・・・・・・・・・・・・・・2
  2. 社会情勢の変化と技術開発の推進
    1. 技術開発を取り巻く状況・・・・・・・・・・・3
    2. 関係機関との連携強化・・・・・・・・・・・・4
    3. 民間企業との共同研究の推進と拡大・・・・・・5
    4. 民間技術の活用・・・・・・・・・・・・・・・5
    5. 開発技術の評価・実用化・・・・・・・・・・・6
  3. 技術開発テーマ
    1. 第3次下水道技術五箇年計画(国土交通省)・・・7
    2. 関係法令の改正など・・・・・・・・・・・・・8
    3. 経営計画2004・・・・・・・・・・・・・・・・9
    4. その他の関連計画・・・・・・・・・・・・・・9
    5. 局内の技術開発ニーズ・・・・・・・・・・・・10
    6. 技術開発テーマの分類・・・・・・・・・・・・11
  4. 開発目標と主な取組
    1. 安全性の向上・・・・・・・・・・・・・・・・17
    2. 快適性の向上・・・・・・・・・・・・・・・・21
    3. 地球環境保全への貢献・・・・・・・・・・・・24
    4. 事業の効率化・・・・・・・・・・・・・・・・28
  5. 技術力の維持・向上
    1. 技術の啓発と継承・・・・・・・・・・・・・・31
    2. 技術交流・・・・・・・・・・・・・・・・・・33
お問い合わせ先

計画調整部技術開発課
03-5320-6606

本文ここまでです。

ページ
トップへ

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。