ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここから本文です。

意識調査報告書

平成27年度東京都下水道局 広報広聴アンケート調査結果について

この度「平成27年度東京都下水道局広報広聴アンケート(東京の下水道に関するアンケート)調査」の結果がまとまりましたので、お知らせします。
この調査は、都民の下水道に関する認知度・関心度等を把握し、今後の広報事業を展開する基礎資料とするものです。

調査概要

調査対象 東京都23区内に居住する満20歳以上の男女 住民基本台帳からの無作為抽出3,000人
調査方法 郵送法
調査期間 平成27年5月19日(火)~6月2日(火)
回収数 1,507(回収率50.2%)
調査内容 下水道のイメージ、下水道に関する認知度・関心度など

調査結果のポイント

日常の情報入手経路について(本文P8~)

  • 第1位 テレビ・・・・・・・・・・・・・・62%
  • 第2位 スマートフォン・タブレット・・・・43%
  • 第3位 新聞・・・・・・・・・・・・・・・42%
  • 第4位 パソコン・・・・・・・・・・・・・38%

※ クロス集計結果(年代別)の傾向:紙媒体とインターネット媒体で世代傾向が逆転

テレビ:
高年齢層(40歳代 64.5%)>低年齢層(20歳代 53.3%)
スマートフォン・タブレット:
低年齢層(20歳代 79.5%)>高年齢層(70歳以上 7.5%)
新聞:
高年齢層(70歳以上 54.6%)>低年齢層(20歳代 15.9%)
パソコン:
低年齢層(20歳代 50.5%)>高年齢層(70歳以上 19.0%)

下水道についてのイメージ(本文P24~)

  • 第1位 汚い・臭う・・・・・・・27%
  • 第2位 生活に必ず必要・・・・・17%
  • 第3位 トイレ・生活排水・・・・ 9%
  • 第4位 きれいにする役割・・・・ 7%

※ クロス集計結果(年代別)の傾向:若年世代ほどネガティブなイメージがある

「汚い・臭う」:
低年齢層(20歳代 47.7%)>高年齢層(70歳以上 5.8%)
「生活に必ず必要」:
高年齢層(50歳代 20.4%)>低年齢層(20歳代 11.2%)

東京都下水道局事業の関心度(本文P43)

  • 第1位 どちらともいえない・・・60%
  • 第2位 関心を持っている・・・・25%
  • 第3位 関心を持っていない・・・14%

※ クロス集計結果(年代別)の傾向:若年世代ほど関心度が低くなる

「関心をもっている」:高年齢層(70歳以上 42.1%)>低年齢層(20歳代 13.1%)

下水道の役割の認知度(本文P44~)

  • 快適な生活環境の創出・・・・・・90%
  • 下水処理・・・・・・・・・・・・82%
  • 浸水の防除・・・・・・・・・・・73%

※ クロス集計結果(年代別)の傾向:若年世代ほど認知度が低くなる

快適な生活環境の創出:
高年齢層(70歳以上 92.6%)>低年齢層(20歳代 81.3%)
下水処理:
高年齢層(70歳以上 95.8%)>低年齢層(20歳代 58.8%)
浸水の防除:
高年齢層(70歳以上 88.4%)>低年齢層(20歳代 47.7%)

下水道事業に関する知りたいこと(本文P62~)

  • 第1位 下水道料金の内訳と使い道・・・・・・55%
  • 第2位 下水道の仕組みや役割・・・・・・・・47%
  • 第3位 下水道の事業計画・進捗状況・・・・・36%

※ 「知りたいこと」について「PRできている」と回答した人の割合はすべての項目で30%以下

お問い合わせ先

総務部広報サービス課
03-5320-6693

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくためには「Adobe Acrobat Reader」が必要です。
Adobe Systemsのサイトから無料でダウンロードできますのでご利用ください。

本文ここまでです。

ページ
トップへ

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。