ページの先頭です

ここから本文です。

地球温暖化防止計画「アースプラン2010」

平成22年2月22日 下水道局

下水道事業における地球温暖化防止計画

下水道局は、2020年度までに温室効果ガス排出量の25%削減(2000年度比)に取り組んでいく、新たな地球温暖化防止計画「アースプラン2010」を策定しましたので、お知らせします。
下水を処理する過程では温室効果ガスが排出され、その量は、都の事務事業活動で排出される温室効果ガスの約4割を占めています。
このため下水道局では、「アースプラン2004」を策定し、先駆的な対策を実施し、温室効果ガスの排出量を1990年度比で6%削減する目標を、前倒して達成しています。
「アースプラン2010」では、日本初の技術を積極的に導入しながら、さらに先導的に地球温暖化対策の取組を進めていきます。

削減目標

温室効果ガス排出量の目標

取組の具体例

CO2の310倍の温室効果をもつN2O*を大幅削減!

  • 汚泥炭化炉の増設
  • 汚泥ガス化炉※の導入
  • 第二世代型汚泥焼却炉(多層型・ターボ型)※の開発・導入

燃料、電気の使用量を減らし、CO2を徹底して削減!

  • 微細気泡散気装置の導入
  • 省エネルギー型濃縮機・脱水機の導入
  • 新型太陽光発電設備※の導入

* 一酸化二窒素:汚泥を焼却するときなどに発生します。
※ 下水道事業における日本初の技術を取り込んだ対策

地球温暖化防止計画「アースプラン2010」は、こちらで閲覧できます。
なお、必要に応じて、対象をファイルへ保存後閲覧願います。

概要版は、こちらからダウンロードできます。

CSVデータは、こちらからダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくためには「Adobe Acrobat Reader」が必要です。
Adobe Systemsのサイトから無料でダウンロードできますのでご利用ください。

本文ここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。