ページの先頭です

ここから本文です。

地球温暖化防止計画「アースプラン2004」

平成16年9月2日 下水道局

下水道局は、地球温暖化防止計画「アースプラン2004」を策定し、事業活動から発生する温室効果ガス排出量の削減に計画的に取組み、京都議定書の目標である1990年度(平成2年度)比で、6%以上の温室効果ガス削減を2009年度までに達成します。

1.削減目標

削減量

1990年度(平成2年度)比で6%以上削減
(2003年度(平成15年度)比で約12%以上削減)

基準年度:1990年度
(平成2年度)
87.9万t-CO2
削減量
約5万t-CO2
(6%以上削減)
目標年度
2009年度
(平成21年度)
82.6万t-CO2
現状:2003年度
(平成15年度)
95.0万t-CO2
削減量
約12万t-CO2
(12%以上削減)

2.削減のための主な取組

下水処理により発生する温室効果ガスの削減
  • 水処理工程で消費する電力量を削減(省電力機器の導入など)
  • 汚泥処理工程で発生する一酸化二窒素を削減(汚泥の高温焼却など)
  • 維持管理の工夫
温室効果ガスの排出が少ない資源・エネルギーへの転換
  • 再生可能エネルギーの活用(小水力発電、バイオマス発電など)
  • 新電源の導入(電力貯蔵型電池[NaS電池]の設置
  • 燃料転換の促進(重油から都市ガスへ)
関係機関等との連携
  • 民間活力の導入や新技術の開発・導入などにより、効率的かつ効果的に対策を推進

地球温暖化防止計画「アースプラン2004」は、こちらで閲覧できます。
なお、必要に応じて、対象をファイルへ保存後閲覧願います。

高解像度

低解像度

お問い合わせ先

計画調整部計画課
03-5320-6592

本文ここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。