ページの先頭です

ここから本文です。

第14回 鉄蓋大好き!

その他の号はこちら

マンホール蓋のようで違う物

傭兵鉄子 Tetsuko Yohei

日本には物の数え方(助数詞)がたくさんあります。猫は一匹、うさぎは一羽、靴下は一足、手袋は一双、牛丼は一杯、ざるそばは一枚などなど、あげたらキリがないほど数え方は物によって違うので、正しく区別して使うのはなかなか難しいかもしれません。同時に「ひとつ」「いっこ」など、数と助数詞の組み合わせによって音も変わるので、日本語を勉強している外国の方には、ことさら難しいと感じるようです。分かりやすくなんでも一個や一枚でもいいんじゃないかと思ったりもし ますが、助数詞は数を数えると同時にその物の性質や形状も表せるので分かりやす い面もあり、知っておくと物への理解も深まりそうです。
マンホール蓋にも数え方があります。一枚?それとも一個? マンホール蓋のように円形で板状の物、例えばお皿は一枚二枚。マンホール蓋も蓋だけの場合は一枚二枚ということもありますが、正式には基と数えます。蓋は直 接マンホール(点検などで管路に降りる際に人が入る孔)の上にあるのではなく、 受け枠の上に乗っています。通常、蓋は受け枠と一緒に更新(交換)されることが 多く、蓋と受け枠はセットで一基と数えられます。
基は大きさや規模にかかわらず簡単には動かすことができない物を表す助数詞ですが、マンホール蓋がピラミッドやエスカレーター、記念碑などと同じ数え方をするなんて、ちょっと意外な感じがしますね。
そんなマンホール蓋。商店街や駅前などで観察していると、たまにその周辺には 無い、少し異なったデザインの物を見かけたりしませんか?
もしかしたら、それはマンホール蓋ではなく路上のプレートかもしれません。道案内や説明、装飾の一部として設置されたプレートは、鋳物やタイルなど、素材や形、大きさも場所によってまちまちですが、中にはマンホール蓋そっくりに見える物も あります。そういったプレートのことをマンホーラーの間では「擬似蓋(ぎじぶた)」と呼んで区別しています。
プレートにはマンホール蓋同様その街の特色がデザインされている物もあるの で、一見新しいデザイン蓋かな?と勘違いしたり、逆に道案内やマナー広告が入っ ているマンホール蓋もあったり。他にも、小さい蓋かと思ったら地中に埋まっている物を示す埋設表示物だったりと、少々判断に迷う物もいろいろ。
マンホール蓋か擬似蓋か。悩んだ時は受け枠の有無を見てみると分かりやすいです。マンホール蓋は受け枠とセットですが、プレートは路上に直接置かれていて、管路には繋がっておらず受け枠もありません。他にも、こじり穴や鍵穴、蝶番の有無なども確認してみるといいかもしれません。
注意して観察することは、用途の違いに気付くきっかけにもなりますね。

画像:マンホール受枠と蓋

マンホール蓋の受け枠。これがマンホールに固定され、その上に蓋が乗っている。普段は地中に埋まっていて見えない

画像:蓋にこじり穴があり、受枠もある

デザインマンホール蓋

画像:蓋にこじり穴が無く、受枠も無い

案内プレート

傭兵鉄子(ようへい・てつこ)

マンホール蓋&腐食金属愛好家。愛好家主催のイベント『マンホールナイト』実行委 員。学生時代「自分の街をプロデュースす る」という課題がきっかけで市町村毎に違 う絵柄の鉄蓋に気付き、以来その魅力にハマる。アニメに登場する蓋も研究観察対象。

表紙

災害があっても下水道は大丈夫?

下水道に油を流さないで!

下水道マイスターを目指そう

第6回 下水道れきし旅

下水道デーイベント案内

本文ここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。