ページの先頭です

ここから本文です。

特集 浸水対策強化月間

その他の号はこちら

下水道局では、浸水被害解消を目標に、施設整備を進めています。
しかし、都市化の進展にともない地中への雨水の浸透が減り、下水道への雨水流入量が増えたことや、頻発する集中豪雨などにより、下水道が整備された地域でも浸水被害が起こっています。
そこで、6月を浸水対策強化月間とし、お客さまに浸水への備えをお願いしています。

ご家庭における浸水への備え

半地下、地下室や低地での対策

半地下家屋、地下室では、道路面から家屋に雨水が流れ込みやすく、浸水するおそれがあります。
流れ込んだ雨水の水圧により、ドアが開きにくくなり危険です。浸水のおそれがあるときは、半地下部などへ入らないようご注意ください。
また、浸水防止のための土のう、水のう、止水板などを準備してください(身近なもので代用可能です)。

イラスト:豪雨時の地下室利用は危険です!

豪雨時の地下室利用は危険です!

イラスト:ごみ袋による簡易水のう

ごみ袋による簡易水のう

イラスト:簡易止水板

簡易止水板

雨水ますや側溝にゴミがたまったり、物が置かれたりすると雨水は下水道に流れ込まず、浸水の危険性が高くなります

イラスト:雨水ます

「雨水浸透施設」設置のご協力をお願いします

雨水浸透施設とは、屋根などに降った雨をすみやかに地中に浸透させる施設のことです。
下水道局では、公道内に雨水浸透施設の設置を進めています。宅地内への設置には助成制度を設けている自治体もありますので、ぜひ設置にご協力をお願いいたします。

写真:浸透ます

浸透ます

写真:浸透管

浸透管

浸水対策強化月間中のイベント

ポンプ所や下水道の工事現場において、見学会を実施します!
普段なかなか見ることのできない施設の見学や、皆さまにできる「浸水への備え」をご紹介します。
場所や日時など、詳しくはこちらをご覧ください。

写真:工事現場見学会

工事現場見学会

写真:ポンプ所見学会

ポンプ所見学会

写真:模型実演

模型実演

お客さまへの情報提供

東京アメッシュ

「東京アメッシュ」は、都内とその周辺で降っている雨の降り具合を色分けし、リアルタイムで更新することに加え、過去 2 時間分の降雨データを再生する機能を持っています。
スマートフォン版「東京アメッシュ」には、GPS を使った現在地表示などの機能を追加しています。お出かけの際や、豪雨などによる浸水への備えとして、ぜひ、ご利用ください。

イラスト:東京アメッシュは東京都の登録商標です

※東京アメッシュは東京都の登録商標です。

東京アメッシュアイコン

スマホで「ホーム画面に追加」の操作を行うと上のア
イコンが入手できます。

QR コード

QR コード読み取り機能を搭載したスマートフォンをお持
ちの方は、上のマークを読み取ると URL を取得できます。

浸水予想区域図

豪雨時の浸水の危険性をお知らせする、浸水予想区域図を作成しています。ぜひご覧ください。

イラスト:浸水予想区域図

インターネット

Twiter

表紙

地面を掘らないで下水道工事?

第13回 鉄蓋大好き!

第5回 下水道れきし旅~古代から現代へ~

夏のイベント案内

本文ここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。