ページの先頭です

ここから本文です。

下水道料金

その他の号はこちら

区部の下水道料金についてご説明します。

下水道料金のしくみ

東京都下水道局では、家庭や工場から排出される汚水の処理に要する費用を下水道料金としていただいています。また、雨水の排除に要する費用は都税などで負担していただいています。
汚水の中には固形物が混ざっているため、汚水の量を水道水のようにメータで測ることは困難です。そのため、水道水を使用している場合は、水道水の使用量を汚水排出量とみなしています(下水道条例第16条第1項)。
また、下水道料金は、生活排水への配慮と環境負荷の軽減の観点から、下表のとおり排出量が多くなるほど、1m3当たりの単価が上がる料金体系となっています。

下水道料金表(1か月)

汚水の種別排出量(m3料率(円)
一般汚水 0~8m3 560円
9~20m3 1m3につき 110円
21~30m3 〃 140円
31~50m3 〃 170円
51~100m3 〃 200円
101~200m3 〃 230円
201~500m3 〃 270円
501~1,000m3 〃 310円
1,001m3以上 〃 345円
浴場汚水 0~8m3 280円
9m3以上 1m3につき 35円

下水道料金計算例(1か月分)

24m3ご使用の場合

8m3までの金額 560円
9m3から20m3までの金額 1,320円(12m3 ×110円)
21m3から24m3までの金額 560円(4m3 ×140円)
計 2,440円

下水道料金= 2,440円×1.08= 2,635円
(1円未満の端数は切り捨て)

※ 下水道料金には、消費税相当額が含まれます。
 なお、月の途中において下水道の使用を開始し、又はやめた場合の料金は、その使用日数が15日以内の場合は、8m3までの金額(560円)を2分の1(280円)にして算定します。

  • 下水道料金は、上表で算出した金額に100分の108を乗じたものです。
  • 水道水のほか、工業用水道水、簡易水道水、井戸水、湧水(ビル湧水等)、雨水利用水などを併せて排出している場合は、その排出量を合計した排出量に対して、上記の料金表が適用されます。

下水道料金の使い道

皆さまからいただいている下水道料金は、下水を毎日休みなく処理している下水道管・ポンプ所・水再生センターといった下水道施設の維持管理費用や、施設の建設・改良にかかった借入金※及びその利息の返済などに使われています。

※下水道施設の建設や改良には、短期に巨額の資金が必要である一方で、事業効果が長期に及ぶため、企業債(長期借入金)をその財源とすることで、世代間の負担の公平を図っています。

下水道施設の建設・改良や維持管理の例

写真:更生工法による下水道管の再構築

古くなった下水道管をリニューアルすることで、将来にわたって安定的に下水を流す機能などを確保しています。
(写真:更生工法による下水道管の再構築)

写真:水再生センターの中央監視室

水再生センターでは、絶え間なく流れ込む下水を処理し、また突発的な豪雨等による浸水被害から都民生活を守るため、24時間体制で運転管理をしています。
(写真:水再生センターの中央監視室)

下水道料金100円のゆくえ(平成29年度予算)

画像:平成29年度予算

表紙

下水はどうやってきれいになるのだろう?

春のイベント案内

第16回 鉄蓋大好き!

第4回 下水道れきし旅~古代から現代へ~

ダイエットレシピ

本文ここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。