ページの先頭です

ここから本文です。

数字でみる東京の下水道

区部

全体人口と下水道普及率の推移

区部の全体人口と下水道普及率の推移のグラフ

注1:全体人口は、総務局の統計資料による。
注2:※印は普及率99.5%以上であり、100%概成としています。

隅田川の水質と下水道整備

隅田川の水質と下水道整備普及率のグラフ

注1:普及率は、隅田川流域(板橋、北、練馬区)の普及率
注2:水質は、小台橋地点の年間のBODの値(75%水質値)
(環境局の資料をもとに当局作成)

水再生センター放流水の平均水質

(単位:mg/L)

項目流入水放流水放流水質基準
BOD※ 151 6 25
COD※ 82 9 35(15)
全窒素 30.3 12.2 30(20)
全りん 3.3 1.0 3.0(1.0)

(平成27年度実績)
13水再生センターの平均値です。
( )内は高度処理を行っている水再生センターの水質基準です。

※ BOD、CODは水の汚れ(有機物)の指標です。

水再生センター別下水及び汚泥処理の実績

(平成27年度実績)

実績水再生センター等下水処理量(m3汚泥処理量(m3脱水汚泥発生量(t)汚泥焼却量(t)
年間1日平均年間1日平均年間1日平均年間1日平均
芝浦 237,488,650 648,876 南部スラッジプラントへ圧送(森ヶ崎を経由)
三河島 154,428,820 421,937 砂町へ圧送
砂町 141,436,830 386,439 697,090 1,905 東部スラッジプラントで脱水・焼却
東部スラッジプラント ----- ----- 15,028,945 41,063 253,401 692 224,485 613
有明 5,555,560 15,179 砂町へ圧送
中川 66,214,370 180,914 葛西へ圧送(小菅を経由)
小菅 83,531,110 228,227 葛西へ圧送
葛西 113,990,190 311,449 11,899,670 32,513 158,305 432 158,305 432
落合 127,473,500 348,288 砂町へ圧送(みやぎ~三河島経由)
中野 9,488,450 25,925 砂町へ圧送(落合~みやぎ~三河島経由)
みやぎ 68,599,380 187,430 1,595,540 4,359 20,721 57 20,721 57
新河岸 194,807,340 532,260 5,052,080 13,803 120,760 330 120,760 330
浮間 51,883,020 141,757 新河岸へ圧送
森ヶ崎 420,622,630 1,149,242 8,400,100 22,951 南部スラッジプラントへ圧送し、脱水・焼却
南部スラッジプラント ----- ----- 17,014,170 46,487 377,636 1,032 377,636 1,032
合計 1,675,519,850 4,577,923 59,687,595 163,081 930,823 2,543 901,907 2,464

注1:1日平均量は年間量を年間日数で除し、四捨五入したものです。
注2:汚泥焼却量には、資源化分を含みます。
注3:みやぎの汚泥の一部は砂町へ圧送しています。

多摩地域

全体人口と下水道普及率の推移

多摩地域の全体人口と下水道普及率の推移のグラフ

注1:全体人口は、総務局の統計資料による。

多摩川の水質と下水道整備

多摩川の水質と下水道整備普及率のグラフ

注1:普及率は、多摩川流域の普及率
注2:水質は、多摩川原橋の年間のBODの値(75%水質値)
(環境局の資料をもとに当局作成)

市町村別下水道普及状況

(単位:%)

八王子市立川市武蔵野市三鷹市青梅市府中市昭島市調布市
平成27年度普及率 99 100 100 100 97 100 ※100 100
平成26年度普及率 99 100 100 100 97 100 ※100 100
町田市小金井市小平市日野市東村山市国分寺市国立市福生市
平成27年度普及率 98 100 100 95 100 ※100 100 100
平成26年度普及率 98 100 100 95 100 ※100 100 100
狛江市東大和市清瀬市東久留米市武蔵村山市多摩市稲城市羽村市
平成27年度普及率 100 ※100 ※100 100 ※100 ※100 99 100
平成26年度普及率 100 ※100 ※100 100 ※100 ※100 99 100
あきる野市西東京市瑞穂町日の出町檜原村奥多摩町合計
平成27年度普及率 94 ※100 98 ※100 89 87 99
平成26年度普及率 94 ※100 97 ※100 81 87 99

注1 ※印は、普及率99.5%以上であり、100%概成とした。

水再生センター放流水の平均水質

(単位:mg/L)

項目流入水放流水放流水質基準
BOD※ 160 5 25
COD※ 96 8 -
全窒素 31 9.2 30
全りん 3.5 0.9 3.0

(平成27年度実績)
7水再生センターの平均値です。
※ BOD、CODは水の汚れ(有機物)の指標です。

水再生センター別下水及び汚泥処理の実績

(平成27年度実績)

実績
水再生センター等
下水処理量(m3汚泥処理量(m3脱水汚泥発生量(t)汚泥焼却量(t)
年間1日平均年間1日平均年間1日平均年間1日平均
野川処理区 80,568,205 220,132 区部森ヶ崎水再生センターで処理
北多摩一号 67,858,500 185,406 2,796,750 7,641 46,347 127 46,440 127
北多摩二号 18,790,600 51,340 607,190 1,659 11,464 31 11,434 31
多摩川上流 60,851,550 116,261 2,569,330 7,020 54,694 149 54,698 149
南多摩 41,388,820 113,084 1,909,150 5,216 29,366 80 29,493 81
浅川 29,634,260 80,968 527,860 1,442 22,329 61 21,928 60
八王子 45,581,080 124,538 1,863,250 5,091 31,223 85 31,329 86
清瀬 82,486,070 225,372 3,101,640 8,474 65,337 179 65,273 178
流域分小計 346,590,880 946,970 13,375,170 36,544 260,760 712 260,595 712
合計 427,159,085 1,167,102 13,375,170 36,544 260,760 712 260,595 712

注1:1日平均量は年間量を年間日数で除し、四捨五入したものです。
注2:汚泥焼却量には、資源化分を含みます。
注3:野川処理区の下水は、区部の森ヶ崎水再生センターで処理しています。

本文ここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。