ページの先頭です

ここから本文です。

下水道のしくみ

下水道のしくみ概略図
クリックすると拡大します。

汚泥処理施設

下水道への入口

排水設備

お客さまの宅地内の排水管などを総称して「排水設備」といいます。排水設備の接続方法は、下水の排除方式によって下図のように異なります。排水設備の新設、増設、改築をしようとする場合は、その計画を下水道管理者(23区内は東京都下水道局長、多摩地域は各市町村長)に届け出る必要があります。

下水の排除方式(合流式と分流式)

家庭や工場などから流す汚水と雨水を併せて「下水」と呼びますが、下水の排除方式には、合流式と分流式とがあります。
合流式は、汚水と雨水とをひとつの下水道管で集め、水再生センターまで運ぶ方式で、分流式は、汚水と雨水を別々の下水道管で集め、汚水は水再生センターまで運び、雨水はそのまま川や海へ流す方式です。

合流式

汚水と雨水を同じ管で集めます。
合流式
クリックすると拡大します。

分流式

汚水と雨水を別の管で集めます。
分流式
クリックすると拡大します。

下水道の3つの施設

下水道管

下水を水再生センターまで導く管が下水道管です。東京中に葉脈のように張りめぐらされ、その長さは23区だけで約16,000kmにもなります。その材質には、コンクリート管、塩ビ管、陶管等様々なものがあり、太さは内径25cmから8.5mに及ぶものまであります。「管きょ」とも呼びます。

ポンプ所

下水道管には、下水が自然に流れる(自然流下)ように傾斜がつけられています。そのため、下水道管は、徐々に地中深くになっていきます。相当の深さになると、下水道管を設置することが困難になるので、ポンプで下水を地表近くまでくみ上げ、再び自然流下させます。ポンプ所は、この下水をくみ上げる役割を担っています。このようにして、下水道管に集められた下水は、ポンプ所を中継して、水再生センターに送られます。
また、大雨の時など、下水道管に流れ込んだ雨水を速やかに川や海に放流し、浸水を防ぐのもポンプ所の大切な役割です。

水再生センター

水再生センターには下水を処理する施設と、下水を処理する際に発生した汚泥を処理する施設があります。下水の処理は、プールのような池に下水を流す過程で行われます。東京都が管理する20の水再生センターで処理される下水は、1日あたり約550万m3です。
この大量の下水を処理するために、広大な水再生センター用地が必要となります。そこで沈殿池を2階層にしたり、反応槽を深くするなどして省面積化を図り、土地を有効に利用しています。また、区や市と連携し、施設を覆う屋根の上を上部公園として開放しています。

本文ここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。