ページの先頭です

ここから本文です。

数字でみる東京の下水道

区部

全体人口と下水道普及率の推移

区部の全体人口と下水道普及率の推移のグラフ

注1:全体人口は、総務局の統計資料による。
注2:※印は普及率99.5%以上であり、100%概成としています。

隅田川の水質と下水道整備

隅田川の水質と下水道整備のグラフ

注1:普及率は、隅田川流域(板橋、北、練馬区)の普及率
注2:水質は、小台橋地点の年間のBODの値(75%水質値)
(環境局の資料をもとに当局作成)

水再生センター放流水の平均水質

(単位:mg/L)

項目流入水放流水放流水質基準
BOD※ 152 7 25
COD 87 10 35(15)
全窒素 30.3 12.3 30(20)
全りん 3.4 1.1 3.0(1.0)

(平成25年度実績)
13水再生センターの平均値です。
( )内は高度処理を行っている水再生センターの水質基準です。

※BOD、CODは水の汚れ(有機物)の指標です。

水再生センター別下水及び汚泥処理の実績

(平成25年度実績)

実績

水再生センター等

下水処理量(m3汚泥処理量(m3脱水汚泥発生量(t)汚泥焼却量(t)
年間1日平均年間1日平均年間1日平均年間1日平均
芝浦 221,614,290 607,162 南部スラッジプラントへ圧送(森ヶ崎を経由)
三河島 153,034,230 419,272 砂町へ圧送
砂町 136,955,700 375,221 8,401,130 23,017
東部スラッジプラントで脱水・焼却
東部スラッジプラント ----- ----- 11,357,500 31,116 243,897 668 223,020 611
有明 5,828,290 15,968 砂町へ圧送
中川 63,943,700 175,188 葛西へ圧送(小菅を経由)
小菅 80,276,150 219,935 葛西へ圧送
葛西 108,723,780 297,873 10,820,100 29,644 154,850 424 154,850 424
落合 129,004,000 353,436 砂町へ圧送(みやぎ~三河島経由)
中野 9,481,110 25,976 砂町へ圧送(落合~みやぎ~三河島経由)
みやぎ 68,399,690 187,396 1,939,260 5,313 26,361 72 26,361 72
新河岸 190,872,130 522,937 7,680,930 21,044 114,159 313 114,159 313
浮間 49,609,310 135,916 新河岸へ圧送
森ヶ崎 415,532,560 1,138,445 8,983,450 24,612
南部スラッジプラントへ圧送し、脱水・焼却
南部スラッジプラント ----- ----- 16,481,320 45,154 366,202 1,003 366,202 1,003
合計 1,633,274,940 4,474,725 65,663,690 179,900 905,469 2,480 884,592 2,423

注1:1日平均量は年間量を年間日数で除し、四捨五入したものです。
注2:汚泥焼却量には、資源化分を含みます。
注3:みやぎの汚泥の一部は砂町へ圧送しています。

多摩地域

全体人口と下水道普及率の推移

多摩地域の全体人口と下水道普及率の推移のグラフ
注1:全体人口は、総務局の統計資料による。

多摩川の水質と下水道整備

多摩川の水質と下水道整備のグラフ
注1:普及率は、多摩川流域の普及率
注2:水質は、多摩川原橋の年間のBODの値(75%水質値)
(環境局の資料をもとに当局作成)

市町村別下水道普及状況

(単位:%)

八王子市立川市武蔵野市三鷹市青梅市府中市昭島市調布市
平成25年度普及率 99 100 100 100 96 100 ※100 100
平成24年度普及率 99 100 100 100 97 100 ※100 100
町田市小金井市小平市日野市東村山市国分寺市国立市福生市
平成25年度普及率 98 100 100 95 100 ※100 100 100
平成24年度普及率 98 100 100 94 100 ※100 100 100
狛江市東大和市清瀬市東久留米市武蔵村山市多摩市稲城市羽村市
平成25年度普及率 100 ※100 ※100 100 ※100 ※100 99 100
平成24年度普及率 100 ※100 ※100 100 ※100 ※100 98 100
あきる野市西東京市瑞穂町日の出町檜原村奥多摩町合計
平成25年度普及率 93 ※100 97 ※100 82 70 99
平成24年度普及率 93 ※100 97 ※100 74 58 99

注1 ※印は、普及率99.5%以上であり、100%概成とした。

水再生センター放流水の平均水質

(単位:mg/L)

項目流入水放流水放流水質基準
BOD※ 173 4 25
COD 100 8 -
全窒素 31 10 30
全りん 3.6 0.8 3.0

(平成25年度実績)
7水再生センターの平均値です。
※BOD、CODは水の汚れ(有機物)の指標です。

水再生センター別下水及び汚泥処理の実績

(平成25年度実績)

実績

水再生センター等

下水処理量(m3汚泥処理量(m3脱水汚泥発生量(t)汚泥焼却量(t)
年間1日平均年間1日平均年間1日平均年間1日平均
野川処理区 74,385,660 203,800 区部森ヶ崎水再生センターで処理
北多摩一号 73,296,960 200,813 3,301,590 9,045 47,836 131 48,767 133
北多摩二号 17,627,970 48,296 814,210 2,231 12,550 34 12,550 34
多摩川上流 59,905,310 164,124 3,668,750 10,051 61,648 169 61,352 168
南多摩 40,871,910 111,978 1,684,530 4,615 29,910 82 31,361 86
浅川 28,559,310 78,245 762,120 2,088 23,960 65 22,807 62
八王子 37,988,761 104,079 1,197,070 3,280 16,804 46 16,804 46
清瀬 79,970,280 219,097 3,083,010 8,447 66,300 182 65,592 180
流域分小計 338,220,501 926,632 14,511,280 39,757 258,948 709 259,233 709
合計 412,606,161 1,130,432 14,511,280 39,757 258,948 709 259,233 709

注1:1日平均量は年間量を年間日数で除し、四捨五入したものです。
注2:汚泥焼却量には、資源化分を含みます。
注3:野川処理区の下水は、区部の森ヶ崎水再生センターで処理しています。

本文ここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。