ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここから本文です。

数字でみる東京の下水道

区部

全体人口と下水道普及率の推移

全体人口と下水道普及率の推移 グラフ

隅田川の水質と下水道整備

隅田川の水質と下水道整備 グラフ

水再生センター放流水の平均水質

(単位:mg/L)

項目流入水放流水放流水質基準
BOD 154 3

25

COD 83 10 35(15)
全窒素 30.3 12.9 30(20)
全りん 3.3 0.9 3.0(1.0)

(平成23年度実績)
13水再生センターの平均値です。放流水のBODは、ATU添加による測定値です。
( )内は高度処理を行っている水再生センターの水質基準です。
高級・高度処理水放流量の合計は399万m3/日です。

BODは、微生物が水中の有機物を分解するときに消費する酸素量で有機物汚濁の指標に用いられます。
しかしながら、下水処理した放流水は硝化(下水中の汚濁物質であるアンモニアが硝化細菌により亜硝酸、硝酸に変化すること)の影響を大きく受けることから、この影響を除いたATU-BOD法による測定値を汚濁の指標として用いています。

水再生センター別下水及び汚泥処理の実績

(平成23年度実績)

実績
水再生センター名
下水処理量(m3汚泥処理量(m3脱水汚泥発生量(t)汚泥焼却量(t)
年間1日平均年間1日平均年間1日平均年間1日平均
芝浦 220,034,910 601,188 南部スラッジプラントへ圧送(森ヶ崎を経由)
三河島 153,730,610 420,029 砂町へ圧送
砂町 128,685,110 351,599 14,236,415 38,897 東部スラッジプラントで脱水・焼却
東部スラッジプラント - - 7,819,443 21,365 246,990 675 240,724 658
有明 5,353,920 14,628 砂町へ圧送
中川 63,389,590 173,196 葛西へ圧送(小菅を経由)
小菅 79,257,660 216,551 葛西へ圧送
葛西 110,039,380 300,654 11,355,660 31,026 157,223 430 157,223 430
落合 129,675,880 354,306 砂町へ圧送(みやぎ~三河島経由)
中野 10,123,580 27,660 砂町へ圧送(落合~みやぎ~三河島経由)
みやぎ 76,917,450 210,157 3,023,320 8,260 43,753 120 43,753 120
新河岸 181,594,270 496,159 7,125,740 19,469 119,000 325 119,000 325
浮間 33,882,490 92,575 新河岸へ圧送
森ヶ崎 409,989,890 1,120,191 8,344,290 22,799 南部スラッジプラントへ圧送し、脱水・焼却
南部スラッジプラント ----- ----- 16,733,490 45,720 375,055 1,025 375,055 1,025
合計 1,602,674,740 4,378,893 68,638,358 187,536 942,021 2,574 935,755 2,557

注1:1日平均量は年間量を年間日数で除し、四捨五入したものです。
注2:汚泥焼却量には、資源化分を含みます。
注3:みやぎの汚泥の一部は砂町へ圧送しています。

多摩地域

全体人口と下水道普及率の推移

全体人口と下水道普及率の推移 グラフ

多摩川の水質と下水道整備

隅田川の水質と下水道整備 グラフ

市町村別下水道普及状況

八王子市立川市武蔵野市三鷹市青梅市府中市昭島市調布市
平成23年度普及率 99 100 100 100 97 100 ※100 100
平成22年度普及率 99 100 100 100 97 100 ※100 100
町田市小金井市小平市日野市東村山市国分寺市国立市福生市
平成23年度普及率 97 100 100 94 100 99 100 100
平成22年度普及率 96 100 100 93 100 99 100 100
狛江市東大和市清瀬市東久留米市武蔵村山市多摩市稲城市羽村市
平成23年度普及率 100 ※100 100 100 ※100 ※100 98 100
平成22年度普及率 100 ※100 ※100 100 ※100 ※100 97 100
あきる野市西東京市瑞穂町日の出町檜原村奥多摩町合計
平成23年度普及率 91 ※100 97 ※100 73 48 99
平成22年度普及率 91 ※100 98 ※100 70 37 99

注1 ※ 印は、普及率99.5%以上であり、100%概成とした。

水再生センター放流水の平均水質

(単位:mg/L)

項目流入水放流水放流水質基準
BOD 169 2

25

COD 98 8
全窒素 30 10 30
全りん 3.5 0.8 3.0

(平成23年度実績)
7水再生センターの平均値です。放流水のBODは、ATU添加による測定値です。高級・高度処理水放流量の合計は90万m3/日です。

水再生センター別下水及び汚泥処理の実績

(平成23年度実績)

実績
水再生センター名
下水処理量(m3汚泥処理量(m3脱水汚泥発生量(t)汚泥焼却量(t)
年間1日平均年間1日平均年間1日平均年間1日平均
野川処理区 74,766,800 204,248 区部森ヶ崎水再生センターで処理
北多摩一号 75,613,830 206,600 3,366,230 9,223 48,100 132 48,695 133
北多摩二号 18,160,420 49,620 755,150 2,069 12,621 35 13,347 37
多摩川上流 61,876,340 169,060 2,787,700 7,638 51,627 141 51,818 142
南多摩 40,947,720 111,880 1,728,350 4,735 29,718 81 29,086 80
浅川 28,768,950 78,600 850,270 2,330 22,189 61 21,188 58
八王子 38,697,960 105,730 1,422,580 3,897 26,969 74 27,088 74
清瀬 80,541,910 220,060 3,226,330 8,839 66,959 183 66,959 183
流域分小計 346,607,130 941,550 14,136,610 38,731 258,183 707 258,181 707
合計 419,373,930 1,145,798 14,136,610 38,731 258,183 717 258,181 707

注1:1日平均量は年間日数で除し、四捨五入したものです。
注2:汚泥焼却量には、資源化分を含みます。

本文ここまでです。

ページ
トップへ

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。