ページの先頭です

ここから本文です。

流域下水道の概要

流域下水道のしくみ

河川、湖などの水域は多くの場合複数の市町村にまたがっています。流域下水道とは、それらの水域の水質をきれいに保つために、市町村のわくを越え、広域的かつ効率的な下水の排除、処理を目的としたものです。
流域下水道は、幹線管きょと終末水再生センターの基幹施設からなり、都道府県が設置、管理しています。また、これにつながる公共下水道(流域関連公共下水道といいます)は各市町村が設置、管理します。
東京都下水道局では、流域下水道本部を設置しています。流域下水道本部は、流域下水道の建設や維持管理を行うとともに流域下水道と流域関連公共下水道の整合を図るために、関係市町に対して、技術指導等を行います。

効果1 基幹施設を都道府県が先行的に整備するもので、市町村の公共下水道の整備も急速に促進されます。
効果2 二つ以上の市町村の公共下水道をまとめて処理するため、施設の建設費・維持管理費が軽減できます。
効果3 河川等の流域を単位にして、水再生センターをつくるので、地形上・水質保全上、望ましい位置につくれます。

東京の流域下水道

東京都では、多摩川流域下水道及び荒川右岸東京流域下水道の二つの流域下水道事業を実施しています。
多摩川の水は、都民の貴重な水道水源となっています。また、水辺は散策やレクリエーションの場として都民に親しまれています。
しかし、今なお進む都市化とともに、家庭や工場の排水が多量に流れ込み、水質汚濁が大きな問題となりました。この多摩川の水質浄化対策のかなめが多摩川流域下水道です。
荒川右岸東京流域下水道は、多摩北部地域の新河岸川(隅田川の上流)に流入する河川の流域を対象としています。この流域の河川は水質汚濁が特にひどく、これを浄化するために流域下水道は重要な役割を果たしています。

よみがえりつつある多摩川

東京都の流域下水道は、昭和43年から建設が始まりました。この流域下水道の建設によって多摩地域の下水道整備が進み、汚れていた多摩川の水質も大幅に改善されてきています。
しかし、下水道の整備されていない地域の排水が中小河川や排水路を経て多摩川に流れ込み、水質汚濁の原因となっています。
下水道の整備は、こうした排水を処理し、河川に再び清流をよみがえらせるために緊急を要する事業です。

市町村問い合わせ

下水道管が詰まったときや、下水道料金等に関するお問い合わせは、各市町村の下水道担当課へご連絡下さい。

所名電話番号所名電話番号
八王子市役所 042-626-3111 福生市役所 042-551-1511
立川市役所 042-523-2111 狛江市役所 03-3430-1111
武蔵野市役所 0422-51-5131 東大和市役所 042-563-2111
三鷹市役所 0422-45-1151 清瀬市役所 042-492-5111
青梅市役所 0428-22-1111 東久留米市役所 042-470-7777
府中市役所 042-364-4111 武蔵村山市役所 042-565-1111
昭島市役所 042-544-5111 多摩市役所 042-375-8111
調布市役所 042-481-7111 稲城市役所 042-378-2111
町田市役所 042-722-3111 羽村市役所 042-555-1111
小金井市役所 042-383-1111 あきる野市役所 042-558-1111
小平市役所 042-341-1211 西東京市役所 042-464-1311
日野市役所 042-585-1111 瑞穂町役場 042-557-0501
東村山市役所 042-393-5111 日の出町役場 042-597-0511
国分寺市役所 042-325-0111 檜原村役場 042-598-1011
国立市役所 042-576-2111 奥多摩町役場 0428-83-2111
流域下水道に関する問い合わせ

東京都下水道局流域本部
〒190-0022 東京都立川市錦町1-7-26
電話042-527-4821

災害時復旧支援に関する協定の締結について

緊急合流改善事業の事後評価結果について

本文ここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。